朝の起き方は、人によって異なります。

日本における健康保険制度
Navigation

朝に光を浴びて健康的に起きることができる

朝の起き方は、人によって異なります。最も良いのは、何もないのに自然に起きることができる状態です。そのほか、目覚まし時計に起こしてもらう、家族に起こしてもらうなどがあります。自然に起きることができた時は、眠気なども自然に取れてきます。しかし、無理やり起こされたときは、眠気がなかなか取れません。午前中いっぱい、昼もあくびが出ることがあります。

健康的に起きる方法として、日光を浴びることが挙げられます。朝起きた時、窓際に行って日光を浴びます。なぜかと言いますと、これによって体内時計がリセットされるためです。人の体内時計は25時間ぐらいとされています。通常の1日は24時間です。つまり、普通に生活していると自然に1時間ずつずれてしまいます。朝の眠たさは、体内時計のずれが関係しています。

朝日を浴びると、そこから1日をスタートしてくれます。本当は23時間目なのであと2時間立たないとすっきり目覚めないのに、太陽の日差しを浴びた時点で2時間分を解消してくれます。住宅の事情によっては朝日を見ることができない場合があります。この時は照明器具でも同じ効果が得られます。寝室に東向きの窓があれば、太陽の光で自然に起きることができます。

お薦めサイト

Copyright (C)2017日本における健康保険制度.All rights reserved.