風邪気味と感じた時、体温計を使って体温を調べます。

日本における健康保険制度
Navigation

深部体温を下げて健康的な睡眠を得る

風邪気味と感じた時、体温計を使って体温を調べます。38度ぐらいになっていれば風邪と認識するでしょう。37度以下なら、普通の状態と考えるかもしれません。病気のときぐらいにしか体温は測定しませんが、できれば自分の平熱を知る方がよいです。まずは活動しているときの平熱です。それを知っておけば平熱よりも高くなっている、平熱ぐらい、低くなっているなどを知ることができます。

健康的な睡眠をとるとき、重要になるのが睡眠時の体温です。人は活動をするときは体温を上げます。一方、休もうとするときは体温を下げます。体温が少しずつ下がると、眠気が出てきて、そのまま良い眠りを得られる場合があります。冬場によくとる方法として、寝る直前に暖かいお風呂に入ることです。風呂で体温を上げておくと、出た時に自然に体温が下がり、眠りにつきやすくなります。高すぎると逆効果になります。

夏場はあまり熱いお風呂に入りにくい場合があります。冷たいシャワーで済ませる人もいるでしょう。その時は、寝ているときの体温を下げる工夫をします。シーツなどに涼感タイプがあります。通常の布より、体温を吸収しやすかったり、通気性がよくなっています。これによって、体温を少しずつ下げられます。

お薦めサイト

Copyright (C)2017日本における健康保険制度.All rights reserved.