仕事をしたり勉強をしたりすると、疲れた気分になることがあります。

日本における健康保険制度
Navigation

体や脳が疲れると健康的に眠れる

仕事をしたり勉強をしたりすると、疲れた気分になることがあります。一方で、一日中立ちっぱなし、歩きっぱなしのときにも疲れた気分いなります。仕事などをすると、脳がつかれます。歩き続けたりすれば、筋肉などがつかれます。疲れた気分になったときは、体が休みたいとの信号を送ります。その状態で睡眠に入ると、健康的に睡眠をとることができます。

ですから、あまり疲れていないときは、夜に寝ようとしても眠れいない場合があります。また、昼間に昼寝を何回もしていると、それによって疲れが取れてしまいます。一日活動をしていても、夜に眠気が来なくなります。昼間に昼寝をするのは悪いことではありません。でも適度にした方がよいとされます。昼頃までに15分ほどであれば、夜の睡眠に影響を与えなくなります。

便利なアイテムとして、活動計があります。これまでの歩数計は歩数のみをカウントしていました。歩くだけでなく、いろいろな1日の活動を計測して、体の疲れ具合を見ることができます。それを利用すれば、今日一日十分活動した、あまり活動できていないので疲れていないなどがわかります。夕方までに疲れていなければ、もう少しトレーニングをしてから家に帰るなどができます。

お薦めサイト

Copyright (C)2017日本における健康保険制度.All rights reserved.