健康を害する代表として、たばことお酒があります。

日本における健康保険制度
Navigation

健康に良い薬酒を作って利用する

健康を害する代表として、たばことお酒があります。しかし、両者の扱いは少し異なります。たばこは、一切行わない方がいいといわれます。お酒はほどほどにと言われます。お酒は、古くから百薬の長といわれることもあります。使い方によっては薬になるといわれてきました。アルコールはけがをしたときの消毒に使いますから、病気などにもいい効果があるかもしれません。

お酒を飲みすぎるのは良くありません。飲み方に注意をしなければいけないとされます。どんな使い方をするかは、人によって異なります。飲む人もいれば、料理に混ぜて使う人もいます。お酒は、販売されているものを飲むこともできますが、自分で作って飲むこともできます。果実酒などは、比較的簡単に作ることができるので、作ったことがある人もいるでしょう。

梅が採取取れるときには、梅酒を作ることがあります。梅、氷砂糖、焼酎を使うと作ることができます。その他の果実酒も同じような作り方で作ることができます。体に良いといわれるものを使うと、より効果が期待できる場合があります。ニンニクを使ったニンニク酒を飲むと、食中毒であったり、風邪を予防することができます。においがあるのでたくさん飲むことができないのもいいところです。

お薦めサイト

Copyright (C)2017日本における健康保険制度.All rights reserved.