健康とは、心身共に健やかな状態を意味します。

日本における健康保険制度
Navigation
日本における健康保険制度

日本における健康保険制度

健康とは、心身共に健やかな状態を意味します。また、人が健やかな状態を保つためには、必要に応じて医療制度を活用すべきでしょう。医療制度ですが、社会保険等に加入している事によって、医療機関の診療費の負担が軽くなるというメリットが在ります。 日本における公的な保険制度ですが、被用者のための保険制度及び国保制度が在ります。基本的に、日本における医療保険ですが、公的なものとしては後者の国保制度がメジャーなものとなっています。

国保制度ですが、これは日本国内に居住している全ての人が対象となっています。ここでいう、「全ての人」とは、日本国籍を取得しているかどうかに関係無く、外国人も「社会保険制度でいう、被保険者」となっています。 前者の、被用者のための保険制度ですが、これは所謂、「健保」制度となります。前者の場合、会社や各種法人に雇用された場合、雇用された時点あるいは雇用されてから一定の期間が過ぎた時点で加入ができる、公的な医療保険制度となっています。日本における医療保険制度ですが、これは加入をする事で、病院で診療を受けた場合の医療費負担が三割負担に留まります。前者の保険制度ですが、平成15年3月31日以前は、負担は二割で良かったといわれています。

健保と国保ですが、この二つの社会保険制度には決定的な違いが在ります。それは、前者の場合は、労働者保護の色彩を帯びた公的保険であり、被保険者である労働者が業務外で負傷した場合は、傷病手当金が支給される事になっています。健保では、保険者は被保険者を手厚く保護しなければならず、生活保障の色彩を帯びている手当金の支給は義務となっています。 国保の場合、傷病手当制度は在りません。ただ、国保では、被保険者は会社員以外の人全員が対象となっており、自営業者や経営者も被保険者となっています。自営者等で国保の組合を結成する事が可能となっており、その場合に限って国保における傷病手当の受給は可能となります。 公的医療保険制度の被保険者ですが、健保の場合は、被保険者が一人いれば家族全体の負担は軽減されます。例えば、会社員の夫が健保の被保険者となった場合、妻や子は扶養に入るので世帯での保険料負担は夫だけとなります。ただ、国保の場合、世帯全体が被保険者となるので、この点は注意しなければなりません。 因みに、社会保険の保険料ですが、納付した全額が所得税の所得控除となります。また、国保の保険料ですが、会社員が会社から雇止めになった場合は、国保料が軽減される救済措置が在ります。

お薦めサイト

Copyright (C)2018日本における健康保険制度.All rights reserved.